これからの時代は資産運用をすることはとても大事であると言えます。なぜならこれからは高齢者が増えてしまって年金を払うお金が足りなくなってしまうのでもらえる年金の額も今よりも少なくなってしまいます。そのため資産運用をして少しでもお金を増やしておくことはとても大切なことです。

 

そして私も将来のことを考えて、いまのうちからお金を増やすために資産運用をしています。資産運用をする方法はいろいろありますが、私はFXの取引をして資産運用をしています。なぜ私は数ある資産運用の方法の中からFXの取引を選んだのであるのかというとFXの取引は他の資産運用の方法よりも短期間でたくさんの利益を上げることができるからです。そのため他の資産運用の方法よりもより多くのお金を手に入れることができます。

 

そして私はFXの取引を始めて5年になりますが、すでに数百万円を手に入れることができました。

FX初心者が初めての取引で儲かると

私は以前FX取引をした事がありました。現在は色々な理由で禁トレードしています。トレードを始めばかりの頃はグローバルな取引とか、かっこいいものを想像して始めました。しかし実際はパソコンモニターに映し出されるチャートや指標との戦いです。はじめは少し勉強して始めたのですが、もちろんその程度の知識はトレードの武器として体をなしていない状態でした。
でもでも初めてのトレードでまあまあな利益を確定する事が出来ました。まあご推察の通りそれが地獄の入り口になりました。

 

FXトレードに限らず、株や商品取引は本当に精神力が一番の肝だと私は感じています。人間は損をする恐怖に打ち勝てない動物です。その恐怖が合理的なトレード手法をことごとく邪魔するのです。ちょっと損をすると根拠の無いリバウンドを夢見て損切りできないとか、以前の損失を取り戻したくてちょっとの利益で利確してしまうなど負けて当たり前のトレードを続けてしまいます。

 

とにかくギャンブルでもトレードでも、実践の前にデモ取引などで自分の弱点を認識することから始めるのが良いと思います。くれぐれも恐怖を感じるような状態のトレードは、しないようにするのがコツです。人間は恐怖に勝てない動物ですから。

 

FXはなぜ勝てないのだろうか

FXで勝てない疑問は、トレード歴5年を経過してもあります。開始してから、勝ち越したことがないからです。一時的に勝ち越していても、何らかの値動きでその利益がゼロになり、いつのまにか負け越していることが多いです。もしかしたら、コントロールしているのではないかという疑念を抱くことがありますが、これまでたくさんのトレーダーが実践してきて、30万円が1億円以上にもなったラッキーな人がいることはネット上でも分かります。

 

同じように30万円からチャレンジしていながら、80万円になった、でも結果は−25万円で5万円残った、時間を費やしただけで終了してしまったということが多いです。取引手数料は0円でもスプレッドでけっこう差額が出るし、取引するたびに確率が減ってきます。FXには値が大変動するときがあり、それが寝ているときなどに起きると、すぐさま対処することができません。そのとき、逆指値注文をしていなったら、起きたときにロスカット状態であることがときどきあります。

 

レンジ相場での成行注文は合っていないと感じる

レンジ相場でのスキャルピングは、成行注文だと思った価格で約定しないことが多いです。幅の広いレンジだったら2銭ぐらい飛んだ価格に刺さっても、エントリーポイントが悪くなければスプレッド分を取り返せます。しかし、10PIPS程度のレンジ幅を狙うのならば、少しの価格のズレも致命傷です。中途半端な位置で入ってしまえば、利益になる可能性は低く、逆方向にブレイクされたら損切り決定です。これほどまでに狭いレンジでのエントリーは、下限に引き付けて、価格指定の注文を出しておきます。ほんの少しでも利益になればすぐに売ります。

 

小さな利益で逃げるのが合ったやり方ではないかと思っています。スキャルピングのときには価格を指定して素早く売るのが大事ですが、スプレッドだって重要です。業者ごとに見ていくと、米ドル円は0.3銭で取引できるところが多いので、スキャルピングなら米ドル円が勝ちやすいと思います。私の場合、米ドル円の他に豪ドル円でもトレードを行っています。米ドル円よりもスプレッドは広いけど、弾むように動くのでスキャルピングですぐに利益になってくれます。

 

FXはするべきではない!?

金融機関での勤務経験があり、現在はFPとして活動しています。お客様にもよく質問されますが、FXは株式よりも危険であると考えます。実際にメガバンクのディーリングルームを見学させてもらったことがありますが、そこはまさに怒号が飛び交い、戦場といった雰囲気です。実際にディーラーとしてやっていけるのも35才が限界らしく、その後は他の部署に回るようです。

 

私が言いたいのは、プロでもそこまでしなければ勝てないFX(為替)取引に、そもそも個人が勝てるわけがないということです。FX会社のアフィリエイト単価が、株式よりも明らかに高いのは何故なのか。その理由を考えてみても、FX会社に口座を開き取引してしまうと後戻りできない恐ろしさがあるということです。

 

私がFX会社を運営している知人の知人から聞いた話では、1年間に口座を開設した人の内、利益を出して残れているのは5%程度だそうです。今後はコンピューター売買がますます活性化して、個人はますます不利になるのではないでしょうか。

 

FXのほか、アルバイトか契約社員の仕事

FXをフリーで行うとき、他に何か仕事をしたほうがよいと思います。なぜなら、後々、ブランク期間になりかねないからです。もし、FXで負けたときどこかに就職すると思いますが、そのときブランクがあるとFXをやっていたということになりかねません。もちろん、堂々とFXをやっていたといえば結構ですが、あくまでもキャリアとしてアピールできるのは、FXで勝ったときです。

 

50万円が1000万円になった、それで少しばかりタレントっぽくなった人もいますが、全体からみたらごくわずかです。50万円が0円になって、無一文にもなりかねない取引です。

 

当初から負けることを想定して取引することはあまり気分のよいことではないかもしれませんが、FXだけで過ごすのではなくて、できれば兼業したほうが望ましいです。週3日のアルバイトでもよし、契約社員でもよし、何か他のことをしていたという記録を残したほうが専業トレーダーよりもまともな場合があります。FXは、まだまだマイナーな取引で認知度が低いと思います。

コンピューターでの売買を過信するな!

安倍のミックスの影響で、株式相場や為替相場がが乱高下している。 このような状況は、投資家にとってチャンス到来と見るが、本業でも、儲けるのは難しい状況らしい。株価乱高下の原因として、安倍のミックスの第三の矢、成長戦略にインパクトが弱い、と市場の評価が下った。

 

事が大きな要因と巷では言われているが、コンピュータによる人工知能自動売買システムも相場の乱高下に大きな影響を与えている。この人工知能自動売買システムは、プログラムに従ってコンピューターが自動でFXの売買をしてくれるシステムです。

 

FXの外国為替トレードのプロが培ったノウハウをプログラムにしているため、初心者の方でもプロのように取引することが可能なのです。そのツールを使って稼いでいる人が多いのも事実ですが、予期しない相場変動でそれまで稼いでくれていた自動売買プログラムが使えなくなるリスクもあるのです。

 

そして、皆が同じシステムを使用してるため、同じ傾向を示してしまいます。 更に今回のような、過去に無い相場に遭遇したりすると、脆弱性を示します。 人工智能自動売買システムをあまり過信しないようにしましょう!

FXの自動売買について詳しく知りたい方はこちら